スポンサーサイト

2009.09.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

The Freewheelin' Bob Dylan

2009.05.31 Sunday 21:05
The Freewheelin' Bob Dylan
The Freewheelin' Bob Dylan
Bob Dylan

30代に入ってディランのよさがわかってきました。
10代、20代の頃は「Like a Rolling Stone」はカッコイイなあと思うてましたがそれ以前のアコギとハモニカの頃のよさが全く理解できませんでした。
逆に今はアコギとハモニカでガチャガチャやってるディランが一番スキかな。
1960年代 | comments(0) | -

Ogdens Nut Gone Flake

2006.02.02 Thursday 20:01
オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク
Ogdens Nut Gone Flake
Small Faces


スティーヴ・マリオットってイイ声してますよね。
スゴくスキなヴォーカリストです。

8曲目のROLLIN' OVERってブライアン・メイさんもカヴァーしてます。
メイさんのはスゴくハードに仕上がってますが個人的にはやはり本家の方がスキかな。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)

White Light/White Heat

2005.09.08 Thursday 12:51
White Light/White Heat
White Light/White Heat
THE VELVET UNDERGROUND


一般的には前作のバナナのジャケットが有名ですが。
まあ初期3作品はどれもイチオシなんですがね。

・・・とか言いつつもはじめてバナナのアルバム聴いた時は拒否反応起こしたけどね。
ノイズばっかが耳についてさあ。

でもある時を境に全然平気になった。
平気になったからこそジザメリとかマイブラも何の抵抗もなく聴くことができた。
音楽のキャパを広げてくれたという意味では感謝してます、VELVETには。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)

Truth

2005.07.12 Tuesday 19:44
Truth
Truth
Jeff Beck


9日の大阪厚生年金でのベックさんのライヴを観たのですが。
ある意味、よすぃのライヴよりも衝撃度が高かったかも。

つい最近、「Shapes of Things」のヴィデオを観てまたもや衝撃。
明らかに口パクでしたがプロモ用なんかなあ。
それでも映像で観たこのバンドはマジ狂ってた。
凄まじいという言葉がピッタリ。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)

Pet Sounds

2005.06.29 Wednesday 21:26
Pet Sounds
Pet Sounds
The Beach Boys


「es」と言う映画で「Wouldn't it be nice」が流れてましたが。
映画の内容はかなりヘヴィやのにこんな陽気な曲が使われて。
あのあっけらからんとした曲調がかえって不気味に聴こえました。

ま、でも。
このアルバム自体は所謂名盤としてこの先もずっと語られるんでしょうけどね。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)

Surrealistic Pillow

2005.06.13 Monday 21:31
Surrealistic Pillow [Bonus Tracks]
Surrealistic Pillow [Bonus Tracks]
Jefferson Airplane


何故か最近こればっかり聴いております。
グレース・スリックさんのヴォーカルを聴くととても当時22歳の女性の声とは思えません。

10曲目の「white rabbit」ってああゆうのんって長くなりがちな感じの曲やけど、
あっさりと終わってしまうとこが琴線を揺さぶります。
あっさりと終わるが故に何回も聴いてしまう。
「keep your head!!」ってフレーズカッコイイやないですか!
歌詞も幻想的やしこの頃特有のものなんでしょうか。
このアルバムの中で一番スキな曲です。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)

THE GURADUATE

2005.05.01 Sunday 20:57
卒業-オリジナル・サウンドトラック
卒業-オリジナル・サウンドトラック
サイモン&ガーファンクル


大学の時の英語の授業でこの映画を観ました。
英語の字幕で観た記憶が。

やはり忘れられないのはダスティン・ホフマンがアルファ・ロメオに乗ってるときにかかる曲かな。
軽快な曲。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)

Spooky Two

2005.04.21 Thursday 22:49
Spooky Two
Spooky Two
Spooky Tooth

文字通りブリティッシュ・ブルース・ロックですね。
オルガンとギターの絡みを聴くといかにも!って感じですわ。

最近、こういう音を出すバンドも増えてけど何か洗練されすぎてるんねんなあ。
こういうちょっと古い感じの方がスキかな、個人的には。

ギターのLuther Grosvenor(ルーサー・グロスヴェナー)は後にAriel Bender(エイリアル・ベンダー)としてMOTT THE HOOPLEに加入(でもすぐにクビになるが・・・)
思うに。この人かなり不遇なギタリストやと思います。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)

Kick Out the Jams

2005.04.17 Sunday 20:41
Kick Out the Jams
Kick Out the Jams
MC5

もーたーしちーふぁいぶ
イエイ。

っつかこのCD安っ。
1300円でお釣りがきます。あはは。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)

Roger the Engineer

2005.04.03 Sunday 00:06
Roger the Engineer [Bonus Tracks]
Roger the Engineer [Bonus Tracks]
The Yardbirds

昨日、とあるイベントでかかってたんで久々に引っ張り出してきて聴きました。
何か最近のロックばっかり聴いてたんで音とかスゴイ新鮮ですわ。
どちらかというと今のに比べると洗練されてへんし野暮な部類かもしれませんけどね(笑

いやそれでもカッコイイです。
特に「Happenings Ten Years Time Ago 」はいつ聴いてもシビレますね。
だってジミーさんとジェフさんのツインですもの。

因みに今から39年前のアルバムです。
この爆発感は一体ナンなの。
1960年代 | comments(0) | trackbacks(0)
1/2 >>
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
latest entries
categories
archives
links
profile
other
search this site